FC2ブログ

クラリネットあれこれ

またしばらく更新をさぼっていましたが、また夜なべしながらブログ更新をしております。

さて、ただ今当工房にはちょっと面白いクラリネットが2本中古で入荷していて、ただ今再生中です。
まずは、クラリネットを使ったことがある方は「あれ?」と思うかもしれませんが、このクラリネットは普段使っているベーム式のキイのシステムの物とは全く違うもので、アルバート式と呼ばれるキイシステムの物です。
ブランドは Auguste Buffet PARIS フランスのオーギュスト・ビュッフェです。
詳しい素性はわからないのですが、このAuguste Buffetというブランドは1919年から始まり、1925年には広告を出していますが、いつしか姿が消えてしまっているそうです。(他のサイトより引用)
製造番号もないので、製作年代を調べる術もないのですが、かなり古い物であることは間違いないでしょう。
当方に届いた時には新聞紙にくるまれた状態で入荷してベルもタルも外れない状態でしたが、修理屋さんのコツで外すことができました。ちなみにマウスピースもグラナディラ(木)製です。
知り合いの詳しい方にお話したら、このブランドのベーム式は時折国内で流通しているそうなのですが、このアルバート式はめったに出回っていないそうです。
音色が特徴的で、音量も大きく、ディキシーランドなどのジャズのスタイルを演奏される方には好まれているようです。
NEC_0193.jpg

とにかく古く、まともに音は出ない状態です。ついているタンポもおそらくオリジナルでしょう。
キイの状態はメッキが施されていない状態です。この当時はメッキはかけないものだったのでしょうか?

NEC_0197.jpg

まずは分解してサビ落としからスタートです。この楽器に新たな息吹を吹き込むことができるようにメッキ再生までして、演奏で使える楽器にしていく予定です。

NEC_0198.jpg

ジョイント部分も形が悪いところがあったので削り直して整えます。このあとの作業はまた徒然にお知らせしていきたいと思います。

NEC_0199.jpg


さて、次はこれまたフランス製のNoblet(ノブレ)のモデル45です。これは普通の(?)ベーム式クラリネットです。
こちらももうなくなってしまったブランドですが、鳴らしやすい割に音が太く、音程も正確だったことに定評があったようです。
実際こちらは届いた時に何とか音が出せる状態だったので、自分でも吹いてみたのですが、とにかく音の芯の太さを感じられて、響きを作りやすい印象でした。
また、写真をアップで見て頂くと解って頂けるかもしれないですが、とても木目がきれいです。このような木目を持つ物は現代のクラリネットではよほどの高級品でないとお目にかかることはなく、当時の使用している材料の良さもここからうかがえます。

NEC_0203.jpg
NEC_0205.jpg

今は全て分解されていて、キイの仕上げをしていますが、特筆する点はメッキの下地に分厚い銅メッキが施されていたことです。
メッキの密着を良くするために下地に銅をつけることがあるのですが、これも音に関係がありそうです。
また、音孔もきれいに立ち上げられていて、一時期の〇ランポンの高級機種よりはいい状態です。
ただ今メッキ再生中ですが、こちらも作業の様子を今後お知らせしていきます。

気になる方は、また時々このブログをチェックしてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

次のUPも楽しみにしています!

Re: タイトルなし

たまちゃん様
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
ネタはまだありますが、整理する時間がなかなか取れません。でも皆さんに修理(リペア)ってどういうものなのかを、できるかぎり正確にお伝えしたいと思っております。
またちょくちょくこちらのページにいらしてください。
プロフィール

klangbrass

Author:klangbrass
管楽器修理工房Klangへようこそ!
当方は秋田県秋田市で管楽器修理工房をしております。
難しいと思われていたキイの再生などが得意です。
金管・木管問わず修理を受け付けていますのでご連絡ください。
打楽器修理(ティンパニ修理等)も致しております。

HPアドレスhttps://www.klangbrass.net
下記のリンクの欄からご覧ください。
工房の場所や情報、また中古楽器情報も掲載しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR